【ハレマチマルシェ】

11月30日~12月2日開催の「ハレマチマルシェ」@イオン岡山に出店します!

1F未来スクエアのところで、美味しい飲食を楽しんだ後は、アモルフの

ブースにもお立ち寄りくださいませ。

【岡山高島屋】

本日11月21日(水)~11月27日(火)まで、岡山高島屋様でアモルフがイベント販売をします!場所は、1階エスカレータを上がった2階です。

高島屋様との出逢いは、昨年の春5月ごろ、起業したて(今もそうですが)で、

お声掛け頂き、本当に嬉しかったですし、今も高島屋様でイベントをさせて頂く

度、気持がシャンとします!

今回は、新作のペンケースとカードケースを制作して来ましたので、ぜひ皆様に手に取ってみて頂けたら嬉しいです。お値段も1700円~です。

ぜひ、購入に至らなくてもよいので、みにいらしてください。楽しみましょう!

 

【倉敷ジャズスト】

私がジャズに出会ったのが23年前。今は38歳を迎えました。

若き青春を共に過ごしたテナーサックスは、今はもう手元に

ありませんが、今もジャズ等音楽を聴くのが大好きです。

あの頃はCD全盛期で、岡山OPAにあったタワレコに学校に

行くのも忘れ通ったり、近くの野原で🎷の練習に明け暮れたり、

自由な高校生活を岡山で過ごしていました。

皆さんにとって、ジャズ、音楽ってどういうものでしょうか?

私にとっては、心豊かにしてくれたり、意識を高めてくれたり

するもので、生活に必要なものです。

 

倉敷ジャズストリート。

2年半前ひょんなことから起業し、今回は協賛と、会場になるAUN SHOP

での店頭販売で関わらせて頂けることになり、本当に嬉しく思います。

AUN SHOPは倉敷市立図書館の向いにある町家をリノベーションした

店舗です!良ければ足を運んで頂き、一緒に楽しみましょう!

AUN SHOPの地図は下の通りです。分からなければ、0862017139まで。

 

代表佐藤

【ハレマチマルシェを終えて】

ハレマチマルシェ@岡山イオンが10月26日ー28日に開催されました。

パン屋さんやケーキ屋さんなど、マルシェならではの美味しいお店が

ズラリ。(何を隠そう、代表佐藤はエビスパンののクリームパンの大

ファンです、ふわふわした生地がタマリマセン(^^♪))

そんなエリアの片隅で、アモルフは3日間フルに出店させて頂きました。

組子細工で制作されたiPoneケースがとても目立っていたのか、手に取る

お客様が大変多く、職人技に驚きの声も上がっていました。

久々のイベント販売でしたが、リピートして下さる方も多く大変嬉しく

、励みになる3日間でした。有難うございました!

 

 

【出逢い】

何もなかった。そう何もなかったのだ。

今、アモルフにあるものは3年前には、まだ何もなかったのだ。

それが、「手書きは大切」「手を動かすことは大事」という

メッセージを世の中に問いたくて、

子どものころに抱いた想いや大人もそう、「想い」を大切に

して生きてほしいと思って、

起ち上げたブランド(会社)、それが今のamorph(アモルフ)。

作り手の職人さんを始め、販売を支援して下さる方々との出逢い。

その多くが、代表佐藤の飛び込みからでした。

受け入れて頂き、感謝しかございません。

はやいもので、3年目も残り半年をきり、手帳はオンシーズン。

皆様に感謝しつつ、秋からのイベント販売に臨もうと思います。

代表佐藤

 

【100円に思う】

最近、A6サイズのノートが欲しくて100円ショップにいったところ、とてもいいのがありました。といいますか、もう100円でかなりのものが揃うなといった品揃えで、びっくりしました。

これは、日本のモノが売れなくなるわ!と、危機感をとても覚えました。

同じようなものを、日本製で仕入れようと思ったら、大変です。ノート1つとっても、品質は確かに日本製の方がよいのだろうけと、(そう信じたい)、同じ価格では勝負できないのかなぁと思います。

amorphは素材から縫製まで、日本製ですが、

その意味をしっかり考えて、よい作品を創っていこうと思います。

AUN SHOP de 倉敷JAZZ St.

11月3日(土)、4日(日)に開催される倉敷ジャズストリートの期間中、

AUN SHOP(あうんショップ)にて、アモルフの商品も販売するイベントが

決定。

AUN SHOP様と一緒にジャズストを盛上げたいと思います!

人気のブック(手帳)カバーはもちろん、新作のペンケースやカードケースも並びますので、ぜひお立ち寄りください!

【AUN SHOPの住所】(ホームページはこちらから

〒7100046 岡山県倉敷市中央一丁目6番1号 TEL:086-486-3725

 

 

【見える瞬間(とき)】

起業当初、ブックカバーや鍵穴付きケースをとても気に入っていて、それを販売していこうと思っていて、

ブックカバーの木の部分も今よりもっと大きかったし、生地の部分もデザインが少し異なっていた。

これはこれで、大切なものを守る「鍵穴」がワンポイントで可愛いのです。が、もっと使い勝手がよく、制作の個体差なくつくれるのが今のタイプです。

木工の職人とは、「マグネットの収まりがいいように、木は2段彫りにした方がよい」と話合ったり、マグネットの職人とは「こんなマグネットもありますよ」と木目調のものを見せて頂いたり、代表佐藤の本気を汲んでくださり、改善案が沢山だされていったことを覚えています。

自分の想いや考えも大切だけれども、沢山の方から本気の意見を頂けるのって、ホントに有難いなぁと思います。

今までと違うものが見える瞬間(とき)。

佐藤

Creema開始

amorphはデザインから製造まで一品一品、代表佐藤も関わっている。

作家としてはまだまだ道半ばですが、志は高く、一歩一歩、よい作家

になりたいと、「Creema」に登録しましたので、

ぜひ、こちらもご利用くださいませ。

アモルフのクリーマサイトはこちらから