【見える瞬間(とき)】

起業当初、ブックカバーや鍵穴付きケースをとても気に入っていて、それを販売していこうと思っていて、

ブックカバーの木の部分も今よりもっと大きかったし、生地の部分もデザインが少し異なっていた。

これはこれで、大切なものを守る「鍵穴」がワンポイントで可愛いのです。が、もっと使い勝手がよく、制作の個体差なくつくれるのが今のタイプです。

木工の職人とは、「マグネットの収まりがいいように、木は2段彫りにした方がよい」と話合ったり、マグネットの職人とは「こんなマグネットもありますよ」と木目調のものを見せて頂いたり、代表佐藤の本気を汲んでくださり、改善案が沢山だされていったことを覚えています。

自分の想いや考えも大切だけれども、沢山の方から本気の意見を頂けるのって、ホントに有難いなぁと思います。

今までと違うものが見える瞬間(とき)。

佐藤

カテゴリーBLOG